2017年01月23日

今更だけど…うず のこと

昨年のクリスマス・イブは、師匠、森田志保さんのスタジオ、トルニージョのスタジオ設立20周年記念公演「うず」でした。

志保さんから構想を聞かされたのが1年前、9月末には決起会があり、10月からはほぼ毎週、金曜、日曜エンサージョで、かつてのクラスメイトたちとスタジオで汗を流す日々でした。
久々の志保さんの難しい振付に目がパチクリしたり(それでも私に振付られたものはかなりシンプルだったのですが)、出ハケやら早着替えがたくさんあったり、はたまた歌ったり…と、生徒時代と変わらず、「現在の自分があとちょっとだけ頑張ればできる」課題をガンガン課せられ、うーんと悩みながらも闘志を掻き立てられる2ヶ月を過ごしました。
合間、合間にいくつか大きな仕事が入っており、同時進行で色んなことを覚えなきゃならず、頭が混乱しまくりましたが、全ての仕事がうずに生きていった手応えも感じ、とても充実した日々でした。
うず本番前の1週間は、この2ヶ月間に加え、トルニージョに入ってからプロになって…と過ごした17年間の色々なことが思い出され、本番前夜はその思いがMAXに凝縮され、せっかくつけたまつげエクステが数本落ちてしまうくらい泣いたりしてしまい、本番が心配だったのですが、本番始まったらもう楽しくて楽しくて、楽し過ぎて終わりたくなくて、もう10回くらい本番できそうなくらいエネルギーに満ち溢れてました。
それもこれも、踊り手でいることだけに100%集中させてくれる環境を作り、支えてくれたスタッフの皆さん、そして暖かく導き、見守り、信頼してくれた師匠がいたから。
制作の亜紀子ちゃん、衣装の美香子さんには特にお世話になりました。
気の狂いそうになる大人数のスケジュールを管理してくれたあやちゃん、自分も出演者として踊るのにチケットの管理していたゆふちゃん、荷物運搬を始め、見えないところでいっぱい支えていたさとゆみ、トルニジェラスのみんな。
生徒時代からずっとお世話になってた舞監の山口さん、照明の佐々木さん、音響の浦崎さん。
その他にも支えてくれたたくさんの皆様、本当に本当にありがとうございました!
つくづく、私はなんと恵まれた環境でフラメンコを勉強してきたんだろうと痛感しました。

そして師匠・森田志保さん。
自分が1人の踊り手として、志保さんの舞台に参加させて頂いたのは実は初めてですが、側で見ていてこの人の想像力、そしてそれを実現していく創造力がいかに凄いか、ということを改めて感じました。
私には、到底こんなことできない。
もう既に凄い人なのに、妥協がなくて、いつまでも、どこまでも、まだまだ進化し続けている。
この人が私のこと師匠で本当によかった!と思いました!

オープニングのシギリージャ、OGチーム。
CEFDD25E-5168-4DDC-B1E2-BFAA75140D44.jpg

志保さんも一緒に、気合い十分な本番直前!
A9E2D93D-5E03-47F6-A243-5EC6562BB843.jpg

かわいい小鳥ちゃんトルニジェラスとのグアヒーラ、めっちゃ楽しかった!

89102F67-D0A7-490D-A446-4F23FB6E116C.jpg

設定年齢25歳(笑)で乗り切った( ̄∀ ̄)。
ADD19832-AF6C-4A27-9616-FDBC8DF9C674.jpg

タンゴ娘、懐かし過ぎる初期メンバー。
5A2A4C30-98C3-44AE-BEBF-B9604096DD6B.jpg

大好きな師匠と!
362CD0D9-6472-4AFF-97CF-E1263BD239E6.jpg

打ち上げー。
師匠といると、未だ甘えん坊な顔つきになる私(笑)。
5A022F4E-A7D4-4803-BDA1-8580E0D09316.jpg81C1C412-8E00-4420-BF23-938CECADA4C3.jpg

誰だよ、これ(笑)!
F3F4BC4F-CC81-49CA-8AF6-D10879C971B9.jpg

posted by カゲコ at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。