2020年04月21日

ご無沙汰しています

7A54335C-B9FD-4E60-89E8-762F5478BD55.jpg5DD6BA6A-5B76-4014-8B0B-214DF06DE241.jpg1DA097BA-662B-4EAF-8E99-1BAFF5E03DEC.jpg最後にブログ更新したのが2月アタマ…随分とブログをサボってしまい、申し訳ありません(>人<;)
この2ヶ月あまりで、世の中がすっかり様変わりしてしまい、それも世界中が同じような状況で、つい数週間前まで普通にクラスをやったり、舞台で踊っていたことが夢のようです。
まさか、生きている間にこんなことに遭うとは思っておらず、日々変わりゆく状況に戸惑い、不安になったり悲しくなったりしながらも、なんとか日々を生きています。

国の緊急事態宣言及び東京都の自粛要請を受け、現在、全てのクラス、個人レッスンは5月6日まで休講となっています。
出演を予定していたライブは5月末まで全てキャンセルとなり、6月27日に予定されていた教室発表会も延期となりました。

今まで、クラスをやって毎週生徒ちゃんたちに会ったり、ライブで踊ったり、それで生きていくことを普通の生活だと思っていましたが、それは全然当たり前なんかじゃない日々だったんだな、としみじみ痛感するとともに、今までの生活がどれだけありがたいものだったのかを感じています。
と同時に、いかに自分がフラメンコを愛しているのかもよくわかりました。

2月のAsí soy yo. 、その後2月末から2週間ほどのスペイン滞在で、たくさんのフラメンコな人たちの大きな愛に触れ、私自身の人生観がガラッと変わるような体験を短期間にした後なだけに、この今の状況はとても苦しく辛くもありますが、この状況になって改めて気づく大切なこともたくさんあり、全てこの流れも必然なのかな、ということを感じ始めています。
自分の人生にとって、本当に大切なものは何か。
多分、沢山の人が、そのことを考えているのではないかと思います。
人と人とが普通に触れ合うことが出来なくなることのストレス、寂しさ。
私には、それが一番堪えています。
それと同時に、拝金主義のために狂い始めた世の中を正し、人が生きていくために本当に必要なものは何か、を地球が問いただしているような気がしてならないです。
これ以上世の中が、人間社会がおかしくならないために(それでもおかしな人はまだまだ沢山いると思いますが)、地球が警鐘を鳴らしてくれたんだ、と思うと、この状況も少し耐えられる気がします。

スペインでは外出禁止になり1ヶ月が過ぎ、2ヶ月目に入ったところで、更に外出禁止期間が5月9日まで延長されたようです。
家族や仲間との結びつきを何より大切にするスペインの人々にとっては、どれだけそれが辛い状況なのかと考えると、胸が潰れそうな思いになりますが、そんな中でも日々の楽しみや喜びを見つけてたくましく生きている姿が、友人たちからのメッセージやSNSを通して伝わり、私たちも前を向いて生きていかなきゃな、と思っています。
日本の今の状況は、楽観視できる状態では決してないと思っています。
辛いけど、今、きちんと我慢すべきことを我慢しないと、この苦しい状況がだらだらと長く続くだけと思います。
だから今は、人生の冬眠状態だと思い、春が来た時にきちんと活動できるように、エネルギーをしっかり蓄えるようにします。
まずは心身ともに健康でいること、無駄に出歩かないこと。
1日も早く、またみんなと笑顔で会って笑い合えるように…

私は最近、自宅のルーフバルコニーで、便所サンダル履いてよく踊っています(笑)
風を感じ、季節の匂いを感じ、太陽や月や星や、時には雪とも一緒に(๑˃̵ᴗ˂̵)、踊っています。
こんな非常時でもなければやらなかったであろうと思いますが、自然と一緒に踊ると自然から色々なインスピレーションをもらったりします。
心が解放されて、ただただひたすら、自分が好きな事に没頭できる。
フラメンコを仕事にしてから忘れかけていたことを思い出しています。

悪い事ばかりじゃない。
明けない夜はない、と信じて、自分にできることを精一杯やって過ごしていきたいと思っています。
そして、今の私がこう思える状態でいられること、支えてくれている生徒ちゃんたち、家族、友人に心から感謝
ありがとう






posted by カゲコ at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする