2018年01月04日

あけましておめでとうございます

2018年 あけましておめでとうございます!
気づけば年が明けてもう4日…年末年始は実家めぐりでなんだかバタバタとしておりました。
浜松では、初詣のおみくじで凶を引いてガビーンとかなりましたが、凶なんてなかなか引けないのである意味引きが強かったということで良しにしようと思います(笑)。

1CC2DBB8-ED66-4528-ABFD-3C01398C3D15.jpg


昨日3日に東京に戻り、昨日、今日と明日5日の小松原舞踊団の新春公演のリハーサルで、一気にお正月気分も吹き飛びました。
昨日はカナーレス監督のもと、ピリッとした緊張感ある中のリハーサル。
鬼才・アントニオ・カナーレス氏は、我々のような下々の者にも気さくに話しかけてくれる方ですが、やっぱりそのオーラと威圧感(いい意味での)が凄い!
描いているビジョンが明確な分、厳しくて怖いのだけど、死ぬ気で全力出さなきゃ、って気持ちに自然とさせられます。
凄いアルティスタで凄くフラメンコ愛に満ち溢れた、とにかくなんだかわけがわからないけど凄い人です。
そして、今日の劇場リハーサルでは、自分たちのリハーサルの後、1部の作品のリハーサルを見させてもらいましたが、女神モニカ・イグレシアスの美しさと、45分間ほぼ踊りっぱなしのエネルギーにノックアウトされました。
そして大駱駝艦の皆さん!
正直、暗黒舞踏は苦手分野でしたが、生で見るとその肉体美に惚れ惚れだし、踊り手魂がうずくのか、どうやったらあの動きができるのー?とか、どんな体幹してるんだろう?とか、興味深いこといっぱいで、すっかり見入ってしまいました!
おどろおどろしくて怖いけど、それ以上にめちゃカッコいい!
やっぱり何でも生で体験するって大切なのだなあと思いました。
改めて、すごい場に立たせてもらうんだなあと気持ちがぴりりと引き締まりましたし、とても貴重な体験をさせてもらっていることに改めて感謝しました。
国立劇場の舞台自体にも緊張感ありますしね。
明らかに毛色が違う異色な私たちフラメンクーラですが、明日は精一杯頑張ります!
ああ、なんていい年明け!

CF80FAB8-69CA-4428-B3F2-812A8C4DD8A3.jpg
フラメンコチーム、大部屋を6人で使用させて頂く贅沢!
約1名、間違えて違うホールに行きかけていたため、写真には写っておりません(笑)。

1579DAE1-5D87-43A4-9435-E92E8DBEF420.jpg
小劇場と大劇場は、なんと入口が同じなんですね!
明日は歌舞伎役者さんにバッタリ遭遇とかしちゃったりするのかなー、ワクワク(≧∀≦) !

4C8E38D2-8FC2-446E-98AA-ECC5721B13AE.jpg
なんと、我々の楽屋は大駱駝艦の舞踏家さんたちの楽屋の隣!
テンション上がる!

2D008C23-9868-4832-BB58-9782361316CF.jpg
稽古場がめちゃ広くてビックリしました!

EDDEFE41-8C25-495F-B65A-E7D26516C016.jpg
稽古場にもでっかい鏡餅!
さすが国立劇場!

posted by カゲコ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。